ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    テクノロジー

    1: しじみ ★ 2018/03/06(火) 18:06:51.33 ID:CAP_USER
    人工知能(AI)が発展しロボット兵器が自らの意思を持って判断して人間を攻撃してくる、
    いわゆる「自律型致死兵器システム(LAWS)」の脅威については2018年2月にドイツのミュンヘンで開催されていた
    「第54回ミュンヘン安全保障会議」でも議論の的となっていた。そ
    のようなロボットは「ロボット兵器」や「キラーロボット」とも呼ばれている。
    まるでSF映画のような世界だが、国際社会では真剣に議論されている。

    ■「AIに対する責任は、これからも人間側にある」

     Google元CEOシュミット氏は、同会議において
    「20年以内に、ロボットが人間を攻撃してくる映画のような世界がやってくる」と述べた。
    そして「誰もがこの問題については、すぐにSF映画のようにロボットが人間を襲撃し、殺害するシナリオを話したがる。
    だが、そのような世界になるのは10年から20年先の話だ。キラーロボットの問題は懸念すべきことだが、
    すぐに起きることではない」と話した。

     シュミット氏によると、自律型のキラーロボットは起こりうるが、
    すぐに人間を襲撃してくるようになるわけではないと考えている。
    ロボットが人間を襲撃してくる社会が来ないとは語っていない。
    そのような時代が来るには10年から20年後になるだろうとシュミット氏は予測している。

     シュミット氏は「映画の見過ぎだよ。AIに対する責任は、これからも人間側にあることを明らかにすべきだ」と
    AIに対する人間の責任の重要性も語っていた。

    小型ドローンが人類を襲う動画も、UCB教授らが制作
     AIの進化で自律型ロボットが人間を襲撃してくる脅威については、
    テスラのイーロン・マスクCEOが、
    2017年には「AIは人類に深刻な影響を与える。
    人間社会の存続にとっての根本的な危機だ("a fundamental risk to the existence of human civilization")」と懸念を表明していた。

     また2017年11月には、国連の特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組で公式専門家会議が開催され、
    「自律型致死兵器システム(LAWS)」について議論がされた。

     それに合わせて、カリフォルニア大学バークレイ校コンピュータサイエンス学科で35年以上AIの研究をしてきた
    Stuart Russel教授らが「Slaughterbots」(Slaughter:虐殺とRobots:ロボットの造語)という動画を公開して、脅威を訴えている。

    関連ソース画像
    no title



    関連動画
    Slaughterbots https://youtu.be/9CO6M2HsoIA



    Y!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180304-00082325/

    【【人工知能】Googleの元CEO「20年以内に、ロボットが人間を攻撃してくる映画のような世界がやってくる」】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/14(水) 13:54:57.81 ID:CAP_USER
    no title

    パナソニックは2月14日、8K解像度(3600万画素)で毎秒60フレームを記録できるCMOSイメージセンサー技術を開発したと発表した。動体の撮影でもゆがまない「グローバルシャッター」機能を備え、高速かつ高解像度の撮像が求められる分野への活用が期待されるという。

    今回パナソニックが開発したイメージセンサーは、光を電気信号に変換する部位(光電変換部)に有機薄膜を採用した。従来の裏面照射型CMOSでは光電変換部のシリコン基板が2~3マイクロメートルの厚みを持っていたが、有機薄膜にしたことでこれを0.5マイクロメートルに抑えた。

     厚みを抑えたことで回路部の自由度が増し、8Kの高解像度と60fpsという高フレームレート、広ダイナミックレンジ化、グローバルシャッター(全画素から同時に光を読み出す電子シャッター)機能を同時に実現できたという。

     また、有機薄膜に加える電圧を制御することで、電子的なNDフィルター(光量調節フィルター)の感度を無段階に制御できるという。

     この技術を搭載するイメージセンサーのセンサーサイズは明らかにしていないが、パナソニックは以前から、同社のミラーレス一眼カメラが採用するマイクロフォーサーズ規格で8K動画に対応する方針を示していた。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/14/news079.html

    【【技術】パナソニック、8K画質60fpsを実現するCMOSイメージセンサー技術を発表 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/28(日) 13:37:17.91 ID:CAP_USER
    かつて世界の音楽好きの若者たちを熱狂させたオーディオ機器ブランド「aiwa(アイワ)」が約10年ぶりに復活し、ラジオ付きカセットレコーダー(ラジカセ)などが家電量販店に並び始めた。新会社のアイワ(東京)が、ソニーから商標使用権を取得して2月で丸1年。高い知名度と手頃な価格を武器にアイワブランドの完全復活を期す。

     昭和26年設立の旧アイワは日本で初めてラジカセを発売。55年に売り出したヘッドホンステレオ「カセットボーイ」が大ヒットし、AV機器では屈指のブランド力を誇った。だが、バブル崩壊後はデジタル化に乗り遅れ、業績が急速に悪化。平成14年にはソニーに吸収合併されて会社が消滅、20年にはソニーブランドとのすみ分けが難しくなったとして、ブランドまで消えた。

     その休眠状態となったアイワブランドに着目したのが秋田県の十和田オーディオだ。

     もともとソニーの小型ラジオの生産を一手に引き受けていた電子機器の受託製造サービス(EMS)で、好調時には中国広東省の工場で約7千人の従業員が働いていた。

    ところが、不振に陥ったソニーからの受注が激減したため、十和田オーディオは生き残りをかけて自社ブランドを持ちたいと考えた。知名度が高いのに塩漬けにされていたアイワのブランドをソニーから譲り受け、昨年4月に新会社のアイワを設立した。 

     旧アイワ出身で音質に詳しいベテラン技術者も在籍するが、社員は10人足らずのため、アイワは主に製品企画を担い、製造は十和田オーディオの工場と中国のEMSへ委託。販売も代理店に託す体制だ。 

     昨年12月、昔のアイワらしさを連想させる昭和レトロ感のあるCDラジカセなどを発売したのを皮切りに、今年1月には32~55型の4K液晶テレビ4機種を投入。2月にレコードプレーヤー、3月にはインターネット経由で音楽を再生する「ネットストリーミングスピーカー」を売り出す予定で、アイワブランドの完全復活をもくろむ。

     国内のAV機器市場ではトップブランドの高価格帯と無名ブランドの低価格帯の二極化が進んでいるが、アイワの三井知則社長は「手頃な価格と妥協しない性能で中価格帯を狙う」と説明する。

     かつてアイワブランドのシェアが高かったアジアや中東など海外にも打って出る。三井社長は「将来は空気清浄機など白物家電も手がけ、平成32年度に売上高200億円を目指す」と意気込む。
    http://www.sankei.com/economy/news/180128/ecn1801280008-n1.html

    【【家電】「アイワ」約10年ぶり復活 昨年末からラジカセ、液晶テレビなど順次発売  】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/28(日) 11:24:12.54 9
    イーロン・マスク氏、4月にも火炎放射器の販売を開始の方針【写真】

    2018年01月28日 10:01
    米起業家イーロン・マスク氏は「退屈な帽子」が5万個売れれば火炎放射器の販売を始める計画だと12月に述べたが、
    冗談ではなかったようだ。海外掲示板サイト「Reddit」で今週、マスク氏の地下トンネル会社「The Boring Company」のサイトに火炎放射器のセクション
    「boringcompany.com/flamethrower」へのリンクが現れたことを発見した。
    スプートニク日本

    リンク先に飛ぶと、パスワード入力画面が出て来る。ある人が、キーワードを暴いた。それは「flame(炎)」だった
    (すでにパスワード変更済み)。そこには、600ドル(約6万5000円)で注文可能なオンラインショップが隠れていた。配達は4月になる予定。
    製品カードには「上のものは試作品です。最終版はより良いものになっているでしょう」と書かれている。


    「Reddit」で指摘されたとおおり、武器はサバイバルゲーム用のライフル銃の改造版に酷似している。


    マスク氏のジョーク・プロジェクトが実現したのはこれが1例目ではない。昨年10月には、The Boring Companyが黒い企業キャップ帽を20ドルで販売。最終的には5万個の帽子が売れた。

    https://sptnkne.ws/g94N

    【イーロン・マスク氏、4月にも火炎放射器の販売を開始の方針 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/24(金) 09:06:46.64 ID:CAP_USER
    韓国のLGが5月に発売した家庭用プロジェクターはコンパクトさが売りだ。食パン1斤(きん)ほどの大きさで、重さは4.6ポンド(約2.1キログラム)。 1500ドル(約17万円)のこの製品は、フルHD規格の鮮明な映像を最大140インチ(約3.6メートル)の大きさで映し出す。

    WiーFiもしくはイーサネット接続で、ネットフリックスやアマゾン・プライム、フールー(Hulu)などのストリーミングサービスが楽しめる。もちろんワイヤレス接続が嫌なら、同軸ケーブルも使える。
    no title


    テレビ視聴スタイルの変化に伴い、家庭用プロジェクター市場が進化している。テレビ放送からネットフリックスなどへの切り替えなどのスクリーン操作も、ボタンやレーザーポインター式のカーソルを使うリモコンでスムーズだ。内蔵スピーカーは3ワットだが、ブルートゥースの音響システムはファインチューニングが可能。

    ワイドスクリーンをフルで楽しみたければ、プロジェクターを壁から約14フィート(約4.3メートル)離す必要がある。ソニーの「VPL-VZ1000ES」は6インチのスペースしか必要としていないが、2万5000ドルもする。

    多彩な機能がコンパクトに収納されているプロジェクターがLG製品のような値段で買えるとすれば、いずれはテレビ受信機に取って代わる可能性が大いにある。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-23/OZSZHP6K50XU01

    【【製品】LGから17万円で140インチのプロジェクター登場、テレビなんてもう要らない 】の続きを読む

    このページのトップヘ