ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    スポーツ

    1: 豆次郎 ★ 2017/10/26(木) 19:16:20.60 ID:CAP_USER9
    10/26(木) 19:05配信
     今ドラフト最大の目玉、早実(東京)の清宮幸太郎内野手の交渉権は日本ハムが獲得したことを受け、漫画家で野球ファンとしても知られるやくみつる氏(58)は、中田翔内野手の去就を心配した。

     清宮は、阪神、ヤクルト、ソフトバンク、巨人、楽天、日本ハム、ロッテの7球団から1位指名され、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。

     この結果にやく氏は26日のフジテレビ系「みんなのニュース」で、「ちょうど若返りを図り始めたチームですからね。早々に出番があるのか」と期待した。

     その一方で、「中田翔を追い出しちゃうんですかね? どうするんですかね……」と、国内フリーエージェント(FA)権を保持する大砲の去就に注目した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00037581-nksports-ent

    【【野球】やくみつる氏「中田翔を追い出しちゃうの?」、清宮ハム交渉権に中田翔の去就案じる 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/10/25(水) 12:20:49.81 ID:CAP_USER9
    ファイターズ新球場・真駒内を軸に調整へ
    10/25(水) 12:03配信

    北海道日本ハムファイターズの新球場問題で、札幌市は今後南区の
    真駒内(まこまない)公園の案を軸に検討を進める見通しであることがわかりました。

    札幌市ではこれまで新球場移転先として、豊平区の月寒(つきさむ)ドーム跡地と
    北区の北海道大学に加え、南区の真駒内公園の3か所が候補にあがっています。

    関係者によりますと、このうち月寒と北大の2か所は広さや周辺環境などから実現の見込みは低く、
    札幌市は今後85ヘクタールの広さがある真駒内公園を軸に検討を進める見通しです。

    札幌市は11月中旬以降に開かれる球団との実務者協議で真駒内案について話し合う方針です。

    10/25(水) 12:03配信 HBCニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000001-hbcv-hok

    【【野球】北海道日本ハムファイターズ新球場構想 札幌市は「真駒内公園」案を軸に調整へ】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/22(日) 16:25:47.95 ID:CAP_USER9
    現役時代と引退してからのイメージが、これだけ変わった野球選手が過去にいただろうか。

    甘いスイーツを嬉しそうに頬張り、プロレスのゲスト解説席で大爆笑しながらはしゃいでみせ、スポーツニュースのコメンテーターとして柔和な表情で座っている。

    あの前田が……である。広島が誇る孤高の天才バッター前田智徳。
    怪我さえなければ日本人野手初のメジャーリーガーはイチローではなく前田だったとまで称され、あの3度の三冠王・落合博満をして「オレがプロ野球で唯一、認めるバッターだよ」とまで言わしめた男。

    その存在を一躍全国区にしたのがプロ3年目の1992年9月13日の巨人戦(東京ドーム)だ。
    外野守備でエラーをして先輩投手・北別府学の勝ちを消してしまうが、直後の打席で自ら勝ち越しホームランをかっ飛ばしグラウンドで涙を流した若者は、試合後のヒーローインタビューも拒みひたすら泣き続けた。

    怪我との戦いだった現役時代

    そんな時代遅れの愚直で真っ直ぐな"侍"とまで称された男が、2017年には愉快な46歳のおじさんになった。

    普通ならガッカリするところだが、個人的には良かったなと思う。
    なぜなら現役時代の前田からは「この選手は野球を辞めたらどうなってしまうんだろうな……」と見るものに思わせる、危うさと殺気が感じられたからだ。
    95年には右足アキレス腱断裂で復帰までに1年近くを要し、その後も肉離れやアキレス腱痛に悩まされた。前田のキャリアは怪我との戦いとも言っても過言ではない。

    ホームランへのこだわりが意外にも強かった

    そんな満身創痍の状態で通算2119安打を放ち、98年には打率.335、24本の好成績。34歳で迎えた2005年には自己最多の32本塁打を記録している。

    意外にも前田のホームランへのこだわりは強く、1歳年上のチームメイトで90年代を代表する和製大砲のひとり江藤智を強烈にライバル視。
    当時の水谷実雄打撃コーチに「水谷さんは江藤さんばっかりや」と文句を言い、契約更改では江藤の年俸アップ率の方が高かったことに「もうヤル気がしない」とまで愚痴ってみせる。
    頑固一徹の一匹狼、無口だが自分が納得できないことには物申すスタンスは学生時代から変わらない。

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20171020/E1508502728314.html
    90s チョベリー 2017年10月20日 22時15分

    no title

    http://cryful.com/wp-content/uploads/2014/08/img_433539_23838376_2.jpeg
    http://roosters.c.blog.so-net.ne.jp/blog/_images/blog/_481/roosters/9156398.jpg
    http://livedoor.blogimg.jp/koisokucarp/imgs/c/0/c08ef702.jpg
    http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/c7dab321b44ee6398f89f64b88c56c164bac72ac.85.2.9.2.jpeg

    http://npb.jp/bis/players/31633881.html
    成績

    https://www.youtube.com/watch?v=yjVOAA4uFtg


    前田智徳死球を受け乱闘 20130423 ヤクルト×広島

    https://www.youtube.com/watch?v=nopZmHCKeMc


    広島東洋カープ 前田智徳 現役最後のホームラン 天才 2010年5月21日

    【【野球】前田智徳「“前田伝説”と恐れられた孤高の天才バッター」 通算 .302 295本 1112打点 68盗塁 2119安打 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/20(金) 07:10:13.67 ID:CAP_USER9
    ロッテが、巨人から戦力外通告を受けた村田修一内野手(36)の獲得を見送る可能性がきわめて高いことが19日、わかった。

    一時は検討する可能性も浮上したが、複数の球団幹部が「球団内でそういう話になっていない。戦力にはなれるだろうが、(獲得は)難しいと思う」と明言した。
    来季は機動力野球を前面に打ち出した井口新監督のもと、若手を我慢強く育てる方針。
    故障者が続出したり、補強の進展次第という仮定がなければ、現時点で獲得に動く見通しは低い。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000264-sph-base
    10/20(金) 7:04配信

    【【野球】千葉ロッテ 巨人戦力外の村田獲得を見送りへ 井口監督就任で若手育成へかじ】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/19(木) 06:43:59.97 ID:CAP_USER9
    足で稼いで20年 外国人選手こぼれ話 広瀬真徳

    「えっ、広島やソフトバンクはまだプレーオフで一度も戦ってないのか? リーグ優勝してもう何日経過したんだ。信じられない!」

     10月上旬、こう嘆いていたのが米在住のメジャー関係者だ。米国で「10月」といえば、野球ファンが最も熱狂する季節である。今季も公式戦が終了した10月1日の2日後からプレーオフがスタートした。公式戦直後のシ烈なトーナメントとあって、ファンの熱気は初戦から最高潮。ヤンキースがツインズを下した3日のワイルドカードゲーム(地区優勝を逃した勝率上位の2チームが地区シリーズ進出をかけて戦う一戦)以降、現在に至るまで連日盛り上がりを見せている。

     それに比べ日本球界はどうか。9月16日にソフトバンク、同18日に広島がリーグ優勝を決めて以降、ポストシーズンに向けての盛り上がりは下降線をたどるばかり。10月14日になってようやくCSファーストステージが開幕したものの、この時点ですでにソフトバンクと広島の優勝からはおよそ1か月が経過している。さらに両軍ともいまだにプレーオフ初戦を迎えていない。冷静に考えれば明らかに異様であり「間延び」だろう。

     こんな状況だからなのか、最近、外国人選手に日本のプレーオフについて質問すると、口々に批判的なコメントを漏らす。中でもメジャー経験のある某助っ人は先日、CS制の見直しを含め、現在の日本のプレーオフ制についてこう警鐘を鳴らしていた。

    「メジャーは日本と同じく2リーグ制(ア・リーグとナ・リーグ)とはいえ、1リーグに3つの地区がある。その地区ごとの優勝チームとワイルドカードで勝ち上がったチームで真のリーグ優勝を決めるのだからプレーオフが必要だ。でも、日本は1リーグ内に1地区しかない。そのリーグで優勝したチームが真のチャンピオンである事実に疑いようがない。それなのに再びCSで日本一に向けてのリーグ代表を決めようとするのだからばかげている。日本の野球ファンがなぜこの制度に異議を唱えないのか全く理解できない。大半の外国人選手は今すぐCSをやめて、公式戦終了直後に日本シリーズで日本一を決めた方がいいと思っている。このままでは公式戦でのリーグ優勝の価値が下がる一方だからね」

     2004年にパ・リーグで産声を上げたCS。以来、消化試合を激減させるなど興行面では一定の“功績”を残してきたことは紛れもない事実だ。だが、助っ人が言うように客観的に見れば「おかしなシステム」であることは否めない。

     リーグ優勝から日本シリーズまでの期間を含め、CSには見えない弊害も多い。助っ人の気持ちを代弁するわけではないが、日本球界もそろそろ不可解なポストシーズンを再考する時期に来ているのかもしれない。

    2017年10月18日 16時30分 東スポ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13765367/

    2017/10/18(水) 18:41:24.71
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508319684/

    【【プロ野球】<ここが変だよ日本のCS>助っ人が警鐘!「日本の野球ファンがなぜこの制度に異議を唱えないのか全く理解できない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ