ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    IT

    • カテゴリ:
    1: 【東電 75.9 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/03/08(木) 22:33:47.69 ID:rmwaRdRK0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    Voicebot.aiが発表した最新のレポートによれば、現在、アメリカの成人4730万人が音声認識可能なスマートスピーカーにアクセスできるという。発売後わずか2年で成人における普及率は20%に達した。
    ここで「スマートスピーカーにアクセスできる」というのは、その家庭に少なくとも1台のスマートスピーカーがあるという意味だ。必ずしもスマートスピーカーを所有している、
    あるいは主たるユーザーであるということは意味しない。つまり同居する家族全員、ルームメイトなどもユーザー数にカウントされている。

    いかそーす
    http://jp.techcrunch.com/2018/03/08/2018-03-07-47-3-million-u-s-adults-have-access-to-a-smart-speaker-report-says/
    no title



    利用者
    https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2018/03/smart-speaker-adoption.png
    https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2018/03/us-smart-speaker-total-audience-reach-01.png

    シェア
    https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2018/03/smart-speaker-install-base.png

    Amazonデバイスの方がGoogleデバイスより家庭の平均収入が高い。
    https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2018/03/smart-speaker-income.png

    【お前らまだ使ってないの? アメリカでは成人の5人に1人が利用中。ユーザー数4730万 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/03/08(木) 10:18:45.45 ID:CAP_USER
    Amazonのスマートスピーカー Echo が前触れもなくクスクスと笑い出し、ユーザーを怯えさせるという冗談のような出来事が発生しています。

    日本でも販売が始まったスマートスピーカー Amazon Echo は、クラウドベースの音声アシスタント Alexa(アレクサ)に対応しており、音声で操作やさまざまな会話ができる製品です。

    会話ができるといっても、ユーザー側が特定のコマンド語、つまり「アレクサ、」「コンピューター、」「Amazon、」等を口にした時点からあとの言葉を解釈して、あくまで受け身で回答を返すのが基本的な挙動でした。

    しかしSNSなどでは昨日から、Echoなどアレクサ搭載スピーカーが前置きなくいきなり笑い出したとの報告が相次いでいます。

    自分一人だと思っていたら急に家の中で笑い声がして死ぬほど怯えたという報告をはじめ、ビジネス上の真剣な話し合いのさなか、重大な決断を口にした途端にいきなり笑われて一同驚愕した、寝起きにいきなり知らない人の笑い声がして飛び起きた、あるいはアレクサに照明を消して、と指示してもうまく伝わらず、三度目には従うかわりに笑い出したなどなど。

    どのような状況に発生するのか、完全に前置きなしなのか、指示したつもりがないだけで何かのきっかけがあるのか等の詳細は不明。

    スマートスピーカーではテレビの音声や、アシスタントに話しかけていない会話を誤認識して聞き取りモードになることがよくありますが、今回のアレクサ笑い出し案件では特に間違えるような音もなく、また応答中を示すリングライトの点灯もなくいきなり笑い出したとの報告もあります。


    米Amazonによれば、問題の発生は把握しており、解決に向けて作業中。今回の件は純粋に不具合だったとして、もし唐突にスマートスピーカーを操ってユーザーを驚かせるプロモーション的な試みをする会社があれば、今回の反応を見る限り大変なバックラッシュを受けることになりそうです。
    http://japanese.engadget.com/2018/03/07/echo/

    【【製品】アマゾンEchoスピーカーが唐突に笑い出す不具合発生。各地で怯えるユーザー続出 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2018/03/02(金) 00:17:41.14 ID:CAP_USER
     Googleのグループ向けメッセージアプリ「Hangouts Chat」はこれまで、アーリーアダプタープログラムに参加するユーザーのみに提供されていた。Googleは米国時間2月28日より、希望するすべての法人顧客にこれを提供開始する。

    Hangouts Chatでは、同僚などの任意のユーザーグループが、専用チャットルーム内で互いにメッセージをやり取りすることができる。ファイル、写真、動画の共有も可能だ。メッセージは非公開にできるほか、さまざまなグループ間で共有することもできる。

     「Chatは、ダイレクトメッセージやグループでの会話などの機能によって、チームが簡単かつ効率的にコラボレーションできるように支援するものだ」と、「Googleドライブ」の製品管理担当ディレクターを務めるScott Johnston氏は米国時間2月28日付けのブログ記事で述べた。「プロジェクトの経過をスレッド式の会話とともに収容する専用の仮想ルームによって、Chatは、作業の進捗確認と追跡管理を簡素化する」(Johnston氏)

     そうした機能はどこかで聞いたことがあるかもしれない。「Slack」「Microsoft Teams」「Dropbox」など、仕事のミーティングやコラボレーションの利便化を目的とする似たようなサービスが、他にも既に多数存在するからだ。

     Hangouts Chatは、Googleの「G Suite」(同社が企業を対象に有料で提供するクラウドベースの生産性およびコラボレーションプラットフォーム) に含まれているため、「カレンダー」「ドライブ」「ドキュメント」といった他のGoogleアプリと密に連携している。

     Hangouts Chatの使用を希望するユーザーは、G Suiteに登録する必要がある。Hangouts Chatは、「Windows」「macOS」デスクトップおよび「iOS」版と「Android」版のアプリで利用できる。
    https://japan.cnet.com/article/35115413/

    【【IT】グーグル、「Slack」対抗の「Hangouts Chat」を一般提供 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2018/02/20(火) 14:09:36.56 ID:CAP_USER

    このバイキングレストラン「超級物種」は、テンセント本社の1階にあるので、WeChat Payしか使えなかった。だが深?の一般のレストランや、スーパーなどでは、WeChat Payとともに、アリババが運営するAlipayが使用できる。というより、このいずれかで支払いするのが「常識」となっている。

    宿泊していた南山区のホテルの裏手に、小さな繁華街があったので、夜中に一人でブラブラしてみた。その一角に、オシャレな四川料理屋があったので、入ってみた。

    注文したのは、夜食にと思った1杯の担々麺。12元(約200円)だった。

    「本場四川の味!」と銘打っている割に、お世辞にも美味いとは言えない代物である。それは別に構わないのだが、問題は支払時だった。

    定員の女の子に、「計算して」と行ったら、彼女は無言で、顎をしゃくり上げた。私が食べている机上の顎の方向を見ろという意味だ。そこで机の端を見ると、WeChat Payの読み取りマークが、机に貼りつけてあった。

    「私は外国人旅行者なので、現金で払う」

    そう言ったら、彼女は口をあんぐり開けて、「えっ?」と聞き返した。再び同じことを言ったら、困った顔をして、「ちょっと待ってて」と言って、店の奥へ消えた。そして戻ってくると、私に告げた。

    「どうしても現金で払うというなら、おつりが出ないようにしてちょうだい」

    幸い財布の中に、10元札と1元札が2枚あったので、そのまま机に置いて店を出た。だが、仮に100元札しか持っていなかったとしたら、私は無銭飲食で捕まってしまうのだろうか?

    この話には、続きがある。ミネラル・ウォーターを買ってホテルに戻ろうと、四川料理屋の向かいにある中国系のコンビニに入った。コンビニなのに、店内が薄暗く、なんとなく柄が悪そうな二人の女性店員がいた。

    そこで、4.8元のミネラル・ウォーターを買うのに10元札を出したら、また嫌な顔をされて、「スマホ決済にしてくれ」と言ってきた。

    「私は外国人旅行者なので、現金しか持っていない」

    もう何度目になるか知れないセリフを吐いたら、「それならちょっと待て」と言って、使っていない奥のレジのカギを開け、お釣りを投げてきた。

    その時、コンビニにケバケバしい女の子が一人飛び込んで来て、甘い表情で私に目配せしながら囁いた。

    「そこのホテルに泊まりたいんだけど、私のスマホでうまく支払いができないの。一緒に泊めてくれない? 私に1000元(約1万6700円)くれればいいわ」

    冷静に考えれば、私の部屋に泊まりたいなら彼女が私にカネを払うべきであり、かつそんなカネがあるなら自分で部屋を取ればよい。彼女はどう見てもコールガールだった。

    ここからは推察だが、彼女は二人のコンビニ店員の仲間ではなかったか。なぜなら女性店員が話す訛りと、まったく同じ河南省訛りの中国語を、そのコールガール風女性も話していたからだ。

    おそらく、深夜に外国人が一人で店に入ってくると、店員の一人がスマホで合図を送って、コンビニの奥で待機しているコールガールが入って来るという仕組みなのだろう。そこでも、スマホ決済を使っているかどうかで、外国人旅行客を峻別しているわけだ。

    だが実際に、いまや中国の都市部では、スマホ決済は、すでに常識と化している。WeChat Payを使っている人が約8億4000万人、Alipayを使っている人が約5億2000万人いる。合わせて13億6000万人!

    重複している人もかなりいるものの、累計では、ほぼ中国の全人口に達するのだ。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54536?page=2

    【【IT】日本の遥か先を行く中国・深センの超スマートシステムの実態。「おもてなし」なんて言っている間に… 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ばーど ★ 2018/02/25(日) 10:51:45.61 ID:CAP_USER9
    日米中のAI官民投資
    no title


    政府の2018年度予算案に計上された人工知能(AI)関連予算は総額770億4千万円で、研究開発で先行する米国や中国の2割以下にとどまると推計されることが24日、分かった。前年度比で3割増、過去最大の予算を投じるものの、財政面の制約から劣勢が続く。民間投資の日米格差はさらに大きい。このままでは、今後の暮らしや産業構造を劇的に変えるとの見方もあるAIの開発競争で取り残される恐れがある。

    今国会で審議されている予算案の各省分を内閣府が集計。安倍政権は「生産性革命」の柱としてAIの活用を推進しており、17年度当初予算の575億5千万円から200億円近く増やした。

    AI関連予算額の推移
    https://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/340053976672404577/origin_1.jpg

    2018/2/24 17:52
    共同通信
    https://this.kiji.is/340050059318051937

    ★1が立った時間 2018/02/25(日) 00:56:06.37
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519512744/

    【【AI】日本のAI予算、米中の2割以下 18年度770億円 産業構造を劇的に変えるAIの開発競争で取り残される恐れ】の続きを読む

    このページのトップヘ