ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    政治

    1: ノチラ ★ 2018/02/27(火) 14:00:19.73 ID:CAP_USER
    自公政権が「人生100年時代構想」を掲げていますが、肝心の高齢期に受け取る年金は減っています。今年4月からは「年金カット法」(2016年成立)による新たな仕組みも施行されます。1人暮らしの高齢者が増えるなか、減り続ける年金でいいのか、低年金や無年金の問題を放置していいのかが問われます。2カ月に1回の年金受給日、15日を前にそれぞれの年金事情を見てみました。

    40年働いても生活苦共働きの夫婦2人合わせて
    「夫婦合わせた年金で何とか生活を維持していますが、1人になったら到底生活できる年金ではありません」。こう話すのは、石川県白山市に住む橘建次さん(78)です。

    年金が金融機関に振り込まれる日はいつも午後4時ごろに確認に行くと決めています。今月受け取るのは昨年12月分と今年1月分の年金です。夫婦合わせても月24万円ほどです。

    「妻は44年間働き、保険料を払い続けてきました。私は41年働き、34年間掛け続けてきました。妻の年金あっての生活ですが、もともとの賃金が男女差別で低く抑えられているので、妻の年金も抑えられています」

    政府の統計によると、老齢厚生年金の女性の平均受給額は基礎年金を含めて月10万2000円にすぎません。

    結婚・出産で退職した女性
    結婚・出産で退職した女性の場合はどうでしょうか。

    大阪市に住む廣上(ひろかみ)珠江さん(64)は結婚を機に23歳のときに退職しました。4人の子どもを育てました。介護ヘルパーの資格をとったものの、働きに出る余裕がありませんでした。いま受け取っている年金は月3万3900円です。

    老齢基礎年金を繰り上げて60歳から受給しました。本来の65歳から受け取ればもっと高くなりますが、老齢厚生年金がごくわずかだったことや、60歳で定年退職した夫(71)の年金が月19万4000円程度(配偶者加給金3万2500円を含む)だったため、仕方なく受給を繰り上げました。

    “年金がゼロ”
     “年金がゼロ”という無年金者がいることも大きな問題です。

     徳島市に住む笹山聡子さん(74)は夫(75)が無年金です。

    印刷業を約40年、個人で営んできた夫は、事業の継続に精いっぱいで、国民年金の保険料を支払うことができませんでした。

    独立していた息子(45)はとび職の収入が不安定なため、聡子さん夫婦と暮らすようになりました。

    3人の生活を支えるのは聡子さんの年金です。保育士として40年働き、60歳で退職しました。年金は介護保険料を差し引かれて月19万6000円です。

    削り続ける安倍政権
    安倍内閣は、ここ5年間に年金を減らし続けてきました。過去の物価下落時のスライド停止分をまとめて削減(2・5%)、物価と賃金の両方が上がっても年金額を抑制する「マクロ経済スライド」の初めての発動(0・9%)、物価・賃金の低迷を理由に減らすなどです。

     安倍政権の年金削減はこれで終わりません。

     16年の臨時国会で強行可決した「年金カット法」がこの4月から施行されます。

     「マクロ経済スライド」の仕組みの強化です。物価や賃金が上がらなかった年の「抑制分」を翌年以降に繰り越し、物価・賃金が上がる年度にまとめて年金を削減します(左上の図)。1月26日公表の18年度年金額改定では次年度以降の繰り越し分が示されています。

     「年金カット法」のもう一つの柱は21年度に施行されます。物価と賃金の変動がどうなろうとも、賃金の下落に合わせて年金を削り続けます。

     19年に消費税増税が強行されれば、「年金カット法」と一体となり、物価が跳ね上がったのに年金は大幅削減という事態が起こる可能性があります。

     前出の廣上珠江さんは若い世代への影響を心配します。

     10年ほど前、夫の退職金から約200万円を4人の子どもの基礎年金保険料の追納(未納期間の支払い)にあてました。自らの低年金の体験から「年金制度の大切さを身にしみて感じた」からでした。

     しかし、安倍内閣による年金削減は、いま年金を受け取っている世代だけでなく、若い世代も直撃します。

     「将来も減り続ける年金を思うと、私たちの子どもたちの世代がこれからも年金保険料を払い続ける意欲がわくでしょうか」。珠江さんは問いかけます。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-02-14/2018021403_01_0.html

    【【年金】年金、削り続ける安倍政権。これで「人生100年」安心か 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/02/24(土) 09:12:00.93 ID:CAP_USER9
    プレミアムフライデー1年 つれない世間と麻生大臣
    2018/02/23 12:19
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000121508.html

     月末の金曜日は早めに退社して消費を呼び起こそうという政府主導のプレミアムフライデーが始まってから1年。2億円の広告費をかけたにもかかわらず、実施率は1割程度でした。

     世耕経産大臣:「1年目としては順調に進んでるのではないかと思うので、しっかり粘り強く続けていきたい。私は(午後)6時まで委員会で、早く帰るというわけにはいかないんですけど」
     経済産業省によりますと、プレミアムフライデーのPRにはこれまで約2億円を投入したということです。その結果、認知率は88.5%と高かった一方、実際に早く退社した人は11.2%にとどまりました。民間の調査では3%という結果もあります。経産省の担当者は、クールビズの実施率が5割を超えるのに4年かかったことを引き合いに「実施率が低いからやめるというのは短絡的だ」としています。一方、麻生財務大臣は。
     麻生財務大臣:「(Q.プレミアムフライデー始まって1年だが?)ああ、そうかよ。どう思うか?特にあまり関心ありません」

    【【経済】プレミアムフライデー1年 つれない世間と麻生大臣 2億円の広告費をかけたにもかかわらず 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/02/21(水) 20:59:30.79 ID:VykuG0wF0● BE:487816701-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/ico/mokkori-na_2.gif
    ◆美しすぎるコンビニ ファミリーマート長崎上大橋店 スナック菓子、カップ麺など整列

    その棚を見た瞬間、目を奪われる-。
    長崎市三芳町のファミリーマート長崎上大橋店では、商品が見栄えよくきれいに陳列され、「美しすぎるコンビニ」として話題になっている。

    スナック菓子など袋型の商品はしわを伸ばし垂直に立てて並べ、丼型のカップ麺は商品名が一目で分かるよう、ふたを正面に向けて整列。
    店長の宮崎勇平さん(37)は新商品が入るたびレイアウトを考えているという。

    こうした陳列方法を従業員に徹底させているが、「きれいすぎて商品を取っていいのか迷う」とお客さんに言われたこともあるという。
    でも「従業員がすぐさま補充するのでご安心を」と宮崎さん。

    画像
    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg0sDajCRFTIuFL4UZYWI1JA---x900-y641-q90-exp3h-pril/amd/20180218-00000001-nagasaki-000-2-view.jpg
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000001-nagasaki-l42

    【【画像】 美しすぎるコンビニ ファミリーマート長崎上大橋店 スナック菓子、カップ麺など整列 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/20(金) 17:00:20.03 ID:CAP_USER
    業績の低迷が続くデパート最大手「三越伊勢丹ホールディングス」は、人件費の削減に向けて40代から50代の管理職を中心に早期の退職を促すため、退職金を大幅に積み増すなど、来月にも早期退職制度を見直す方針を固めました。
    関係者によりますと三越伊勢丹ホールディングスは、業績の立て直しに向けて人件費の削減を図るため、早期退職制度を見直す方針を固めました。

    新たな制度では、部長級での早期退職の対象年齢を従来の50歳から48歳に引き下げ、48歳から50歳では退職金の加算額を5000万円とするほか、40代後半から50代前半の課長級などでは退職金の加算額を最大で2倍に増やすなど管理職を中心に退職金を大幅に積み増す仕組みになっています。

    業界最大手の三越伊勢丹は、ファッション性の高さと高級路線などで一時は業績も好調でしたが、ネット通販との競争激化や地方店舗の不振などを背景に業績が低迷していて、早期退職制度の見直しは9年前の経営統合以来初めてとなります。

    今回の見直しによって、バブル期に大量に採用された40代と50代を中心に早期の退職を促し、人件費の削減につなげたい考えです。

    来月にも正式に制度を改める方針で、応募する人数の目標は設けないとしています。三越伊勢丹では、業績の立て直しに向けて千葉県の伊勢丹松戸店の閉鎖を決めるなど不採算の店舗の見直しも進めています。
    デパート業界苦境 三越伊勢丹はコスト削減遅れ
    三越伊勢丹ホールディングスは9年前の平成20年に、富裕層に強い三越とファッション性の高い品ぞろえを得意とする伊勢丹が経営統合したデパート業界の最大手です。

    両社の強みを生かして最先端の衣料品などを取り扱うデパートとして業界をリードしてきましたが、価格の安い衣料品の専門店や流行の変化に素早く対応して幅広い商品を扱うネット通販などとの競争で厳しい経営環境が続いています。

    ここ数年は外国人旅行者によるいわゆる「爆買い」の効果で大都市圏の店舗が売り上げを伸ばし、低迷する地方の店舗を補っていました。
    しかし、爆買いの失速で昨年度の決算は最終的な利益が前の年度を43%余り下回る大幅な減益となりました。

    三越伊勢丹は立て直しを急ぎ、ことし3月に売り上げが低迷していた千葉市と東京・多摩市の店舗を閉鎖し、来年3月には千葉県松戸市の店舗を閉鎖する予定です。

    今回の早期退職制度の見直しは、40代から50代の管理職を中心に早期の退職を促すことで人件費の削減につなげる狙いがあります。

    デパート業界は売上げが去年、36年ぶりに6兆円を割り込み、業界全体が厳しい環境に置かれ、中でも三越伊勢丹はコスト削減などの取り組みの遅れが指摘されてきました。
    このため事業の見直しを加速するとともに多様化する顧客のニーズを捉える新たな成長戦略が課題になっています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171020/k10011183761000.html

    【【小売】三越伊勢丹 40~50代の早期退職促進へ 退職金積み増す】の続きを読む

    このページのトップヘ