ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    2018年01月

    1: ノチラ ★ 2018/01/29(月) 16:02:22.68 ID:CAP_USER
    no title

    アップル関連で確度の高いリーク情報を流すことで知られるKGI証券のミンチー・クオ(郭明?)が、また気になるニュースを明らかにした。

    ニュースサイト「MacRumors」が掲載したクオの報告によると、アップルは今年3モデルのiPhone Xの後継機種をリリースするという。5.8インチのiPhone Xの第2世代モデル、6.5インチの「iPhone X Plus」、さらに6.1インチの「iPhone X SE」がここに加わるという。

    また、これらの3端末は従来よりも大容量のバッテリーを搭載するという。この情報は韓国の「ET News」の中国語版でも報じられている。さらに、iPhone X SEには妥協点もあり、ディスプレイはOLEDではなく、デュアルカメラや3Dタッチ機能も搭載しないという。

    ただし、一番気になるのは価格に関する情報だ。一部ではiPhone Xの第2世代モデルは大幅に価格を引き下げるという説も出ているが、クオはこれを否定している。iPhone Xの第2世代モデルもまた、価格は1000ドルからになる。さらに、iPhone X Plusに関しては1200から1350ドルに。そして、“廉価版iPhone”として知られたiPhone SEの後継機種の「iPhone X SE」は、iPhone 8よりも高い700ドルから800ドルのレンジになるというのだ。

    2016年に発表のiPhone SEは349ドルからという手頃な価格で愛されたが、次のiPhone X SEはその2倍以上の値段で売られることになる。

    しかし、アップルは一体なぜここまでの強気の価格設定を行おうとしているのだろう。クオは以前の予測で、アップルはiPhone Xの現行モデルの生産を夏に終了させ、iPhone X Plusと呼ばれることになる大型モデルを出すと述べていた。

    つまり、アップルはiPhone Xをプレミアムモデルのポジションにキープする戦略なのだろう。また、iPhone X を800ドル程度の価格に値下げした場合、iPhone X SEと食い合いが起きてしまう可能性もある。

    iPhoneファンはアップルへの忠誠心が高いことで知られる。しかし、クオの予想が正しいとするならば、価格がさらに上昇する中で今年は彼らの忠誠心がどこまで続くかが問われる年になりそうだ。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/19521

    【【スマホ】アップル「iPhone X SE」を700ドルで販売か、SEの2倍の価格に 】の続きを読む

    1: 1984 ★ 2018/01/30(火) 00:31:02.15 ID:CAP_USER
    国の除染費用を大幅に減らせる可能性も

    3 Lines Summary

    ・国の除染事業を請け負った清水建設の下請け企業の除染作業員およそ100人が「危険手当」付きで野球応援
    ・この企業は105億円を売り上げ、役員に43億円もの報酬 FNNの取材で明らかに
    ・国が民間企業同士の取引内容を精査できれば、除染費用を大幅に減らせる可能性がある

     2017年10月、近畿地方で開かれた野球大会の様子をFNNが撮影していた。


    ・そろいのジャージーでの、一糸乱れぬ応援。

     国の除染事業を請け負った清水建設の福島県にある下請け企業の除染作業員およそ100人が、平日を含む数日間、会社の野球チームの応援にあたっていた。
    野球好きで知られる下請け企業の代表のもと、貸し切りバスで現地入りし、自前の応援歌を歌い、巨大な旗を振っていた。

     2016年、部下が応援に行ったという下請け企業の元除染作業員は、「『野球の応援なんか嫌だ』って言ってたのですが、
    無理やり連れていかれる感じで、なんで出勤扱いになっているのかなと。危険手当もいただいて」と、応援は勤務として行われたと証言する。


    ・応援は「勤務」、「危険手当もいただいた」と証言

     企業のレクリエーション活動自体に問題はないが、国の除染費用が野球の応援に使われていたのか。
     下請け企業の代表は「そんな事実はないと思う。(去年・おととしは?)ないです。(一切ない?)ない。断言します」と話した。

     清水建設とこの下請け企業をめぐっては、除染事業を統括していた清水建設の執行役員が、
    自分の実家の草むしりと雪かきを下請け企業の除染作業員に無償でさせていたことがFNNの取材で発覚し、12月に辞職している。

     これら不透明な除染作業の実態に加え、今回新たに下請け企業の役員が巨額の報酬を得ていたことが、関係者の話でわかった。


    ・43億円もの役員報酬

     この企業は、清水建設が国や自治体から受注した除染と関連事業を請け負うことで、2016年の1年間で105億円を売り上げたが、このうち、利益が56億円にのぼったうえ、代表ら役員が43億円もの役員報酬を得ていた。

     福島県にある下請け企業の代表は、高級車を次々と乗り換えるなど、地元でも派手な生活ぶりで知られていた。

     国と自治体の除染費用は、東京電力に請求することになっていて、税金や電気料金が当てられる可能性がある。


    ・高級車を次々と乗り換える派手な生活

     しかし、元請けの清水建設と下請け企業は民間同士で、取引内容を公表する必要はない。
     国がこれを精査できる仕組みがあれば、国の除染費用を大幅に減らせる可能性がある。
     巨額の役員報酬を得ていたことについて、下請け企業の代表は取材に応じていない。


    ・国の除染費用を大幅に減らせる可能性

     清水建設は「取引先の業績については把握していません」とコメントし、野球の応援については、「下請け企業が行っているもので、関知していません」としている。

     また、発注元の環境省は、「民間企業の内容については関知していません」とコメントし、野球の応援については、「清水建設JVからは、日当や危険手当相当分は支払われていないと報告を受けています」とコメントしている。

    ソース
    https://www.houdoukyoku.jp/posts/25043

    【【除染ビジネス】役員報酬43億円、高級車の派手生活。原発除染費用の不透明事態 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/28(日) 13:37:17.91 ID:CAP_USER
    かつて世界の音楽好きの若者たちを熱狂させたオーディオ機器ブランド「aiwa(アイワ)」が約10年ぶりに復活し、ラジオ付きカセットレコーダー(ラジカセ)などが家電量販店に並び始めた。新会社のアイワ(東京)が、ソニーから商標使用権を取得して2月で丸1年。高い知名度と手頃な価格を武器にアイワブランドの完全復活を期す。

     昭和26年設立の旧アイワは日本で初めてラジカセを発売。55年に売り出したヘッドホンステレオ「カセットボーイ」が大ヒットし、AV機器では屈指のブランド力を誇った。だが、バブル崩壊後はデジタル化に乗り遅れ、業績が急速に悪化。平成14年にはソニーに吸収合併されて会社が消滅、20年にはソニーブランドとのすみ分けが難しくなったとして、ブランドまで消えた。

     その休眠状態となったアイワブランドに着目したのが秋田県の十和田オーディオだ。

     もともとソニーの小型ラジオの生産を一手に引き受けていた電子機器の受託製造サービス(EMS)で、好調時には中国広東省の工場で約7千人の従業員が働いていた。

    ところが、不振に陥ったソニーからの受注が激減したため、十和田オーディオは生き残りをかけて自社ブランドを持ちたいと考えた。知名度が高いのに塩漬けにされていたアイワのブランドをソニーから譲り受け、昨年4月に新会社のアイワを設立した。 

     旧アイワ出身で音質に詳しいベテラン技術者も在籍するが、社員は10人足らずのため、アイワは主に製品企画を担い、製造は十和田オーディオの工場と中国のEMSへ委託。販売も代理店に託す体制だ。 

     昨年12月、昔のアイワらしさを連想させる昭和レトロ感のあるCDラジカセなどを発売したのを皮切りに、今年1月には32~55型の4K液晶テレビ4機種を投入。2月にレコードプレーヤー、3月にはインターネット経由で音楽を再生する「ネットストリーミングスピーカー」を売り出す予定で、アイワブランドの完全復活をもくろむ。

     国内のAV機器市場ではトップブランドの高価格帯と無名ブランドの低価格帯の二極化が進んでいるが、アイワの三井知則社長は「手頃な価格と妥協しない性能で中価格帯を狙う」と説明する。

     かつてアイワブランドのシェアが高かったアジアや中東など海外にも打って出る。三井社長は「将来は空気清浄機など白物家電も手がけ、平成32年度に売上高200億円を目指す」と意気込む。
    http://www.sankei.com/economy/news/180128/ecn1801280008-n1.html

    【【家電】「アイワ」約10年ぶり復活 昨年末からラジカセ、液晶テレビなど順次発売  】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2018/01/29(月) 15:27:39.68 ID:CAP_USER
     コインチェック株式会社(本店:東京都渋谷区、法人番号1010001148860、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)附則第8条に基づく仮想通貨交換業者)(以下、「当社」という。)においては、平成30年1月26日(金)に当社が保有していた仮想通貨(NEM)が不正に外部へ送信され、顧客からの預かり資産5億2,300万XEMが流出するという事故が発生した。
     これを踏まえ、同日(26日(金))、同法第63条の15第1項の規定に基づく報告を求めたところ、発生原因の究明や顧客への対応、再発防止策等に関し、不十分なことが認められた。

     このため、本日、同社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
    (1) 本事案の事実関係及び原因の究明
    (2) 顧客への適切な対応
    (3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
    (4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
    (5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。
    http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp0130000001_00004.html

    【【関東財務局】コインチェック株式会社に対する行政処分について 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/01/30(火) 16:58:02.47 ID:CAP_USER9
    高須クリニックの高須克弥院長が30日、ツイッターを更新し、フジテレビの大人気アニメ「サザエさん」のスポンサー入札に負けたことを明かした。
    サザエさんのスポンサーは長年東芝が務めてきたが、3月で終了することから、高須院長は新スポンサーに名乗りを上げていた。

    高須院長は「いま広告代理店から報告。『サザエさん』のスポンサー入札に負けてしまった。一番に手を挙げて『邪魔するな』ってお願いしたのに…。奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした。悔しいなう」とつぶやいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000085-dal-ent

    高須克弥氏
    no title

    【【CM】高須院長、サザエさんスポンサー争いに敗れる「大企業に力負け」「悔しいなう」 】の続きを読む

    このページのトップヘ