ITまとめニュース Σ(゚Д゚)

気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    気になる話題のニュースまとめ記事を更新中!最新情報を更新中♪ITニュースやガジェット情報やパソコン関連、仕事ツール、芸能ニュース、アニメコンテンツなど、情報を多く発信できればと思います。暇つぶしにご活用ください(*´ω`*)

    1: あちゃこ ★ 2018/03/07(水) 17:54:17.61 ID:CAP_USER9
     女性2人組ユニット「PUFFY」の大貫亜美(44)が7日、都内で行われた平成30年度「NHK語学番組」発表会見に出席し、
    Eテレ「テレビでハングル講座」(水曜・後11時半)に出演することが決まった。

     即席司会を務めたサンシャイン池崎(36)から「パフュー…」とユニット名を呼び間違えられるハプニングに、「あとでな!」とチクリ。

     小学時代に2年半、韓国に住んでいたという大貫は「最近K―POPを聴くようになった。ちゃんと言葉や発音を勉強したいと思うようになった」
    と意欲十分。「周りに『ハングルを学びたい』と言っている世代が多いし、近くて行きやすい国になった。いつかK―POPスターに会って、
    (ハングルで)アピールをして…っていう嫌らしい気持ちもあります」と笑わせた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000150-sph-ent
    「NHK語学番組」発表会見に出席したPUFFY・大貫亜美
    no title

    【【芸能】大貫亜美、ハングルで「いつかK―POPスターに会ってアピールをして…」 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/03/06(火) 22:19:12.44 ID:CAP_USER9
    福山雅治「日本アカデミー賞」で1人だけハブられファンが悲鳴!
    no title


     3月2日、「第41回日本アカデミー賞授賞式」(日本テレビ系)が放送され、是枝裕和監督作「三度目の殺人」が最優秀作品賞を含む6冠に輝いた。

    「映画『三度目の殺人』は、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞のほか、役所広司が最優秀助演男優賞、広瀬すずが最優秀助演女優賞と最多6冠を獲得。
    壇上の是枝監督は『まだまだ映画って分からないなっていうのが撮り終わった後の正直な感想で、これを糧にして、もう一歩先に進みたいと思います』と今度の映画製作の意欲を語りました」(映画ライター)

     また監督は「狭い空間の中で福山雅治さんと2人で芝居を作り上げました。福山さんにも感謝したい」と、同作で主演を務めた福山雅治にも感謝の気持ちを述べた。

     しかし当日、主演にもかかわらず会場に福山の姿はなく、ファンからは悲しみの声が上がったという。

    「監督や他の主要俳優が皆、受賞しているなか、主演の福山だけはノミネートすらされなかったため、会場に彼の姿はありませんでした。
    この状況に福山のファンは『ましゃが、かわいそう!』『仲間外れにするなんて酷い』『主役だけがノミネートされないなんて不自然』と同情や不満の声が殺到しました」(前出・映画ライター)

     だが、盟友・是枝監督の4賞総ナメには、福山も喜んでいるに違いない。

    【【芸能】福山雅治「日本アカデミー賞」で1人だけハブられファンが悲鳴!…ファン『仲間外れにするなんて酷い』 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/03/08(木) 10:18:45.45 ID:CAP_USER
    Amazonのスマートスピーカー Echo が前触れもなくクスクスと笑い出し、ユーザーを怯えさせるという冗談のような出来事が発生しています。

    日本でも販売が始まったスマートスピーカー Amazon Echo は、クラウドベースの音声アシスタント Alexa(アレクサ)に対応しており、音声で操作やさまざまな会話ができる製品です。

    会話ができるといっても、ユーザー側が特定のコマンド語、つまり「アレクサ、」「コンピューター、」「Amazon、」等を口にした時点からあとの言葉を解釈して、あくまで受け身で回答を返すのが基本的な挙動でした。

    しかしSNSなどでは昨日から、Echoなどアレクサ搭載スピーカーが前置きなくいきなり笑い出したとの報告が相次いでいます。

    自分一人だと思っていたら急に家の中で笑い声がして死ぬほど怯えたという報告をはじめ、ビジネス上の真剣な話し合いのさなか、重大な決断を口にした途端にいきなり笑われて一同驚愕した、寝起きにいきなり知らない人の笑い声がして飛び起きた、あるいはアレクサに照明を消して、と指示してもうまく伝わらず、三度目には従うかわりに笑い出したなどなど。

    どのような状況に発生するのか、完全に前置きなしなのか、指示したつもりがないだけで何かのきっかけがあるのか等の詳細は不明。

    スマートスピーカーではテレビの音声や、アシスタントに話しかけていない会話を誤認識して聞き取りモードになることがよくありますが、今回のアレクサ笑い出し案件では特に間違えるような音もなく、また応答中を示すリングライトの点灯もなくいきなり笑い出したとの報告もあります。


    米Amazonによれば、問題の発生は把握しており、解決に向けて作業中。今回の件は純粋に不具合だったとして、もし唐突にスマートスピーカーを操ってユーザーを驚かせるプロモーション的な試みをする会社があれば、今回の反応を見る限り大変なバックラッシュを受けることになりそうです。
    http://japanese.engadget.com/2018/03/07/echo/

    【【製品】アマゾンEchoスピーカーが唐突に笑い出す不具合発生。各地で怯えるユーザー続出 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/07(水) 03:08:29.87 ID:CAP_USER
    投資会社Piper Jaffrayのアナリストであるマイケル・オルソン氏が、iPhoneオーナー1,500人を対象に「iPhone Xにアップグレードしなかった理由」を調査した結果を投資家向けのメモで発表しました。

    「現在のiPhoneが正常に使える」がトップ
    「iPhone Xにアップグレードしなかった理由」の内訳は、以下のとおりです。

    高価すぎるから:31%
    より大きな画面の方が良いから:8%
    自分のiPhoneが正常に動作するから:44%
    その他の理由:17%

    「自分のiPhoneが正常に動作するから」が最大の理由となったのは妥当な理由に思えますが、米メディアAppleInsiderは「絶対にiPhone Xを買いたいと思わせる機能がないから、と言えるのではないか」、と指摘しています。

    日本では64GBで11万2,800円、256GBだと12万9,800円(ともに税別)という価格について、31%の人は「高価すぎる」と回答しています。

    「より大きな画面が良い」という回答は、Plusシリーズの5.5インチディスプレイよりも、本体幅の狭いiPhone Xの5.8インチディスプレイの方が幅が狭いめ、小さく感じるためでしょう。

    2018年秋からの「X世代」に期待
    2018年秋には、iPhone Xと同様のフルディスプレイデザインの3モデルが発売されると予測されています。

    オルソン氏は、2018会計年度(2017年10月~2018年9月)は、iPhoneユーザーの多くが買い替えを見送ると考えられることから、iPhoneシリーズの年間出荷予測を2億3,000万台から2億2,630万台へと小幅に下方修正しています。

    一方で、2018年10月からの2019会計年度には「X世代」と呼べるデザインのモデルが出揃うため、iPhoneシリーズの年間出荷予測を2億3,380万台と予測しています。これは、市場コンセンサスである2億2,700万台を約3%上回る数字です。
    2018年3月7日 00時19分
    https://iphone-mania.jp/news-204976/

    【【スマホ】iPhoneオーナーがiPhone Xに買い替えなかった理由は「魅力がないから」? 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/03/07(水) 22:57:16.36 ID:CAP_USER
    企業が採用選考に人工知能(AI)を導入する機運が高まっているが、就職活動中の学生の過半数はAI選考に否定的であることが就職情報サイトのディスコ(東京・文京)の調査で分かった。採用現場で技術革新が進む一方、学生の意識とは温度差があるようだ。

    ディスコは7日、2019年卒業予定の大学生・大学院生を対象とするモニター調査の結果を発表した。

     調査では、AIが(1)自分に合う企業をお勧めする、(2)書類選考の合否を判定する、(3)面接試験の合否を判定する――という3つの取り組みについて反応を聞いたところ、(2)、(3)では否定的な回答が過半数となった。

     中でもAIが面接試験の合否を判定することについては、「まったくよいと思わない」(33.0%)、「よいと思わない」(34.5%)を合わせると、7割近く(67.5%)が否定的だった。

     書類選考の合否の判定については、「まったくよいと思わない」(19.3%)、「よいと思わない」(30.8%)を合わせると、約半数(50.1%)が否定的だった。

     一方で、AIが自分に合う企業をお勧めしてくれることについては、「とてもよい」(25.2%)、「よい」(42.4%)を合わせて6割以上(67.6%)が肯定的だった。

     AI選考は、選考に関わる人や時間の効率化や、選考基準の公平性確保などの観点から導入の検討が進んでいる。

     現状では、AIに面接の合否の判定まで委ねている企業はほとんどないとみられる。ただ、学生が企業に提出する「エントリーシート」については、AIで模倣などをチェックするサービスが登場しており、大手企業でも導入する動きがある。AIに選考の一部を肩代わりさせる試みは今後も広がる気配だ。

     ディスコの武井房子上席研究員は「学生は、やはり人間の人事担当者に判断してもらいたいという思いが強い。人とAIとでは、落とされた時の納得感が大きく違うようだ」と分析。また、AIによる企業のお勧めについては「行きたい企業を決められずに悩む学生も多い。就活情報のナビサイトにも同様のお勧め機能があるが、より精度の高いマッチングに期待しているのではないか」と指摘している。

     調査は3月1~6日にインターネットで実施し1258人から回答を得た。

     ディスコは同日、経団連加盟企業が採用広報を解禁した3月1日時点の内定率(速報値)が8.0%だったとする調査結果も発表した。17年の同時期に比べて2ポイント上昇しており、過去10年間で最も高い水準だった。

     学生優位の「売り手市場」と人手不足が相まって企業の採用意欲は強い。中小や外資系など経団連に加盟していない企業が採用活動を前倒しする動きが影響したようだ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27805270X00C18A3XXA000/

    【【人事】就活、AI選考「イヤ」 学生の過半数 】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/03/08(木) 05:13:28.47 ID:CAP_USER9
    no title


    5月23日開催のももいろクローバーZの東京・東京ドーム公演「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」の追加公演が、前日の22日に行われる。

    ももクロの結成10周年を記念して開催される今回の東京ドーム公演。彼女たちのオフィシャルファンクラブ「ANGEL EYES」では3月11日23:59まで、追加公演の各種チケットの先行予約を受け付けている。なお23日公演のチケットの予約受付は各プレイガイドにて実施中。

    ももいろクローバーZ「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」
    2018年5月22日(火)東京都 東京ドーム
    OPEN 16:00 / START 18:30 / END 21:00

    2018年5月23日(水)東京都 東京ドーム
    OPEN 16:00 / START 18:30 / END 21:00

    https://natalie.mu/music/news/272377

    【【芸能】ももクロ、東京ドーム追加公演決定で2DAYSに 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/03/07(水) 16:53:03.99 ID:CAP_USER
    アメリカのマクドナルドが一部メニューのハンバーガーのパティを、調理済みの冷凍品を使うのではなく生肉をお店で調理する形で提供することを発表しました。

    新しい計画は2018年5月頭に全米でスタートする予定で、クォーターパウンダーとシグネチャークラフテッドという2つのメニューに使われるパティは、注文後にキッチンで生肉から作られるようになります。ビッグマックをはじめとするそれ以外のハンバーガーは、既に調理された冷凍のものを加熱するという、これまでの形で引き続き提供される予定です。

    シグネチャークラフテッドは日本では提供されていないメニューで、ソースやバンズ、パティの種類などを自分で選べるというもの。

    アメリカのマクドナルド代表であるChris Kempczinski氏によると、この試みは18カ月にわたってテストされ、「生肉を調理しても長時間お客さんを待たすことはない」ということが確認されたとのこと。「マクドナルドはスピードと便利さで知られています。私たちが理解する必要があったのは、注文があった時にどのような調理が行われ、それが提供時間にどのくらいの影響を及ぼすのかということでした。マクドナルドに訪れる人は5分以上バーガーを待つつもりはありませんから」とKempczinski氏は語りました。

    生肉から作られるパティは、既にアメリカの3500店舗で提供されていますが、シカゴでは5月からスタートするとのことです。

    ファストフードチェーンの中で生肉から作ったパティを提供しているのはマクドナルドだけではなく、ウェンディーズなども行ってきたところ。ファストフードを利用するお客さんの中でも健康的なメニューや、加工が少ない食べ物を求める人が増えており、マクドナルドの試みもこの流れを受けてのこと。マクドナルドは2018年2月に「チーズバーガーを子ども向けメニューから姿を消す予定」とも発表していました。
    https://gigazine.net/news/20180307-mcdonalds-fresh-beef-burgers/

    【【飲食】マクドナルドが冷凍でなく新鮮な肉から作ったハンバーガーを販売へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ